見事な曲線美と残波岬を一望、世界遺産「座喜味城跡」
一人旅

見事な曲線美と残波岬を一望、世界遺産「座喜味城跡」

読谷村を見下ろす高台に建つ美しい城跡

座間味城の歴史は今から約600年前に築城され、現在世界文化遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の1つに指定されています。

築城家として名高い護佐丸による城

座喜味城跡の魅力は美しい石垣と芝生のコントラストの風景です。美しい流線型を描いた石垣の形や出入り口はまるで昨日作られたような新しさすら感じます。

結婚式の撮影スポットとしても人気

天気のいい日に訪れると芝生の緑と空の青の中でひときわ美しく白い石垣が映え、人工物と自然の融合した美しい景色が楽しめます。

要塞としての機能

武者隠しと呼ばれ、袋小路になっていて、いざ攻めてこられた時に敵の兵士をここに追い込んでいく、工夫がされています。

朝焼けから夕暮れまでいつも美しい

残波岬から東シナ海が一望できるので、城壁の上まで是非、上がってみてください。
城壁内に見える石は柱の基礎になった部分です。ここに舎殿がありました。

施設名座喜味城跡
住所沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6
最寄りのバス停路線バス : 那覇バスターミナル29番読谷線 「座喜味」バス停下車 徒歩約15分
入場料無料

関連記事